6月のテーマはオリンピック。
議題は、「東京オリンピッックでの金メダル数目標30個の是非」。


今回の議題のきっかけとなった報道記事↓

「日本オリンピック委員会(JOC)、2020年東京五輪の金メダル獲得目標を史上最多の30個に設定」

https://mainichi.jp/articles/20180606/k00/00m/050/118000c


・オリンピックの成り立ち
・これまでの日本人選手の活躍
・スポーツ選手の一生
・スポーツのあり方
・スポーツ・オリンピックにおける事件

等を調べて、議論します。

6月10日(日)9時30分から11時30分
6月17日(日)9時30分から11時30分

場所 稲城市立城山学習館
https://www.city.inagi.tokyo.jp/shisetsu/sports/yagai/shiroyama.html

お申し込み・お問い合わせ
070-5081-0616(林)



コーチングを取り入れた論理的学習サークル寺子屋10
2018年 4月〜7月の日程のお知らせです。

4月15日・22日
5月13日・20日
6月10日・17日

いづれも日曜日の9:30〜11:30です。
城山体験学習館の学習室にて開催しています。

主に小学5年生〜6年生を中心に活動していますので、ご興味のあるお子さん親御さん、
いつでも見学可能ですのでご連絡をお待ちしております。

ちなみに4月のテーマは3月から引き続き「北朝鮮の核兵器開発の是非」です。
なんとこのテーマは当時4年性のお子さん達自身が選んだものでした!すごいですよね。

北朝鮮の国の特徴から日本・アメリカ・中国との関係まで毎回少しずつ調べています。
このほっとな話題に一番詳しい5年生に間違いありません。



2018 冬季日程です

1月14日(日)・21日(日)
2月18日(日)・25日(日)
3月 4日(日)・18日(日)

時間 9:30〜11:30
場所 城山体験学習館
料金 一ヶ月 1000円

対象年齢は小学4年〜中学3年まで(10才〜15才)

テーマをみんなで立て、自分たちで調べ、発表し、討論し、
最後に小論文にして発表する。

コーチングの理論を踏まえ、自分のなりたい姿を描きながら学習します。

講師は 林 敬人コーチです。
敬人コーチは苫米地式コーチングの認定コーチで、
小論文や学習に20年近く携わり続けていらっしゃる教育エキスパートです。
稲城から考える子供たちを育てようと、寺子屋tenに協力してくださっています。

林 敬人コーチングページ http://www.kjin.co/      
中高生のための小論文教室 http://telephonewriting.com/ 


入会、見学、随時歓迎です。ご連絡お待ちしております。

寺子屋ten 事務局
林 陽子 hayashi.yocco@gmail.com
070-5081-0616 

みんなで「自分・世の中に必要なもの、不要なもの」を書き出してみました。
たくさんでてきたなかで、でてきた「寿命」。
寿命は必要なのか、それとも不要なのか。
今回は、寿命について、ディベートしています。

12月の予定
12月10日(日)9:30〜11:30
12月16日(土)   9:30〜11:30


今年の秋の新しいメンバーは小学4年生が二人。
よってテーマはずっと若返り、先輩ディベーターも一番最初に考えた問題、
「クラスで何を飼いたいか」についてそれぞれ考え、いろんなことを調べました。

でてきたのは「ネコ」と「カメ」。調べたのは飼い方、買い方、問題点、などなど。
授業中はネコをどうするかとか、自分達より長生きするカメはどうする?など、
楽しいイメージをみんなで想像、発表しました。
そして最終には文章にします。

・意見 「クラスでネコ/カメを飼う」
・プラン
・現状分析
・問題解決
・ワラント
・もう一度意見

では2ヶ月間に渡り取り組んだ二人の初めての小論文、発表です。



クラスでネコを飼う     

                                        Y.Y.

 私はネコを飼いたい。

 ネコを飼うのには、手作りのエサや、トイレの砂などが必要である。トイレは場所を覚えさせる。 

 ネコは、ペットショップで買うか、のらネコの子どもすてネコの子どもを、春に拾えば良い。そしてネコの世話をする係を三人決めて、その三人が世話をすれば良い。世話係りの人の特権は授業中にも世話をして良いことにする。

 土日、祝日、休み期間中には、生徒は学校にいない。しかし、先生たちの中では学校にいる先生がいると思う。祝日、休み期間中は、ネコの世話をしてくれる先生を集めて、世話をお願いする。ネコを買う時や病院に連れて行く時にかかる費用は、クラスで市長さんにお願いして、市からお金を出してもらう。

 ネコは、世話がかかり、ネコは感情が豊かなので好きな生徒・嫌いな生徒が生まれるが、そんなネコをどう扱うかがおもしろいところだ。だから、私はネコを飼いたい。


クラスでカメを飼う

                                                                                                                            T.H.

 私はカメを飼いたい。

 餌は植物質を食べるカメには、採取してきた野草、スーパーなどで入手できる野菜・果実などを洗浄してから与える。動物質を食べるカメには、鶏肉・牛肉・魚類の脂肪の少ないもの・市販のコオロギ・ミルワーム・ハニーワーム・ゴキブリ類・アカムシ・イトミミズなど。野外摂取の虫などは、一度凍らせて、ウイルスを殺して与える。棲み処は、大きめのフラットケースに水深をカメの甲羅の高さの倍にし、レンガや平らな石の陸地だけを設置した簡単なセッティングにする。水は水道水か、1日汲み置きの水で一ヶ月に一度、水かえをすれば良い。

 餌にはお金がかからず必要なものも少ない。

 カメはペットショップで買えば良い。買う時は校長先生に許可を貰う。飼う時は生徒7人の係りを作って世話をする。先生には病気の時に動物病院に連れて行ってもらうことをお願いする。野外採取の虫はウイルスを殺すために理科の先生に液体窒素をかりて凍らせる。

 人間にとって、嫌なゴキブリでも、捕まえて凍らせればカメが食べてくれる。

 よってカメは誰にとっても飼いやすい。

 だから私はカメを飼いたい。

 





こんにちは、寺子屋Ten 事務局の 林陽子です。
夏休みも終わり、充実の予感のする秋がやってきました。
この秋に何を習得したいですか?

寺子屋Tenでは 秋に新しい仲間との時間が始まります。
小学校4・5年生から中学までに論理的な思考を育みたいという仲間が集い、
林 敬人コーチを迎え、調べ物学習から始めて発表(ディベート)、小論文を書く、
というところまでを一つのテーマで時間をかけてやっていきます。

一年三年経つ頃には、親をいつのまにか超えている青年少女たちがそこにいるでしょう。

ご自身も論理的思考を身に付けたいという親御さんは見学可能です。
事務局もその思いで毎回見学しています。どうぞお子さんとご一緒に🎵 面白いですよ。

次のテーマは初日にみんなで集まって考えましょう ♪

2017 9月10日・17日 
     10月8日・15日
     11月12日・19日  
     毎月第2・3日曜(予定)

時間 9:30〜11:30
場所 城山体験学習館 主に学習室(毎回入り口の掲示板をご確認ください)

寺子屋Ten事務局 林 陽子  070-5081-0616 (お休みの時はご連絡ください)
入会希望の方はメールかお電話をお願いします。yoccoh@icloud.com

今年も、「次世代教育プログラム PX2」を、寺子屋Tenで開催します。
寺子屋Tenでの開催は、今回で3回目の開催になります。

コーチングの元祖、ルー・タイス氏が次世代教育プログラムとして

最新の科学を盛り込んで作られたものが、PX2というプログラムです。

これまで、参加されたお子さんの中には、
学校の進路に大きく役立った例や、
部活動で成果が出せた例が出ています。

また、お父さん、お母さんの子育ての悩み解消にも
大きく役立っています。


詳しくは、PX2の公式サイト

ご興味のある方は是非この機会に受講ください。


日時 2017年7月16日(日)・17日(祝・月)

   両日とも9:30〜17:30

 

場所 東京都稲城市大丸

   城山体験学習館 視聴覚室他


初めての方 (テキスト代として) 
      大人 18、500円

      子供  5、400円

再受講の方 (場所代として)
      大人 500円
      子供 500円


ファシリテーター 菊池教泰氏 (も出版されてご活躍中のコーチです。)


持ち物 筆記用具・昼食(館内に軽食をとれるカフェはあります)


PX2公式サイト http://bwf.or.jp/PX2は全てボランティアで成り立っています)


※今回の開催は、PX2本部ではなく、寺子屋Tenですので、お問い合わせは下記寺子屋Ten事務局にお問い合わせください


※参加ご希望の方は6月17(土)までに、参加者全員の
・お名前
・年齢
を記入の上メールにてご連絡ください。振込先など詳細をご連絡いたします。

お問い合わせ・お申し込みは
yoccoh@icloud.com
070-5081-0616

寺子屋Ten事務局

6月の寺子屋tenの開催は、18日(日)、25日(日)です。
テーマはディベート甲子園(中学の部)と同じテーマを行います。

<中学の部> 「日本は小売店の深夜営業を禁止すべきである。是か非か」 *ここでいう小売店とは、商品を消費者に売る有人の店舗とし、飲食店を含む。ただし、ガソリンス タンドは除く。 *ここでいう深夜営業とは午後 10 時から午前 5 時までの販売、配送とする。


日時 6月18日(日)
         午前9時30分~11時30分

   6月25日(日)
   午前9時30分〜11時30分 


場所 稲城市立城山体験学習館 

   http://www.city.inagi.tokyo.jp/shisetsu/sports/yagai/shiroyama.html

   最寄り駅 JR南武線南多摩駅 徒歩 5分


見学も歓迎します。


ご興味のある方は寺子屋Ten事務局 林 葉子までご連絡ください。

yoccoh@icloud.com  07050810616 




なお、18日(日)午後は、希望者とともに、ディベート甲子園地区大会に行きます。どうぞ、お楽しみに。

場所 女子聖学院中学校(北区 JR駒込駅徒歩7分)

ディベート甲子園のサイトはこちら






5月の寺子屋10のディベートテーマは、前月に引き続き「自転車」。

2020年のオリンピックで、稲城市は自転車ロードレースの候補地となっています。
その自転車ですが、道路交通法では、自転車は車扱いで、車道を走ることになっています。
また、近年、自転車をめぐる交通事故は増え続けています。
にもかかわらず、自転車には免許制度がありません。

今回のテーマは、「自転車に免許制度を科す必要があるかないか」

自転車の歴史、道路交通法、市民の自転車利用、自転車促進の効果など調べた上で、参加してください。 
見学もOKです。 



日時 5月21日(日)

   午後9時30分~11時30分

   5月28日(日)
   午前9時30分〜11時30分 


場所 稲城市立城山体験学習館 

   http://www.city.inagi.tokyo.jp/shisetsu/sports/yagai/shiroyama.html

   最寄り駅 JR南武線南多摩駅 徒歩 5分


見学も歓迎します。


ご興味のある方は寺子屋Ten事務局 林 陽子までご連絡ください。

yocco-h@willcom.com  07050810616 


「メキシコとの国境の壁をつくることは是か非か」 (400字)
中学2年 I ・R君

 アメリカ合衆国がメキシコとの国境に壁を建設する目的として、メキシコからの不法移民や犯罪・密売を防ぐことがあげられる。しかし、壁をつくることには効果がないばかりか、アメリカ国民に不利益をもたらす。
 まず、壁を建設してもトンネルなどのほかの手段で侵入することができる。実際に、特定の時間帯に壁を一気に突破されてしまったという事例もある。
 次に、現在のトランプ大統領は、壁の建設費用をメキシコ側に払わせようとしているが、メキシコ側はそれに反対している。強要してもメキシコとの関係が悪化するだけだ。その結果、メキシコ側の警備協力が得られなくなれば、さらに国境付近の治安は悪化するだろう。また、トランプ大統領はメキシコからの輸入品に関税を多くかけるという方法でも壁の建設費用を確保しようとしているが、関税をかけた結果、アメリカの消費者はメキシコの高い商品を買うということになってしまう。
 これらの理由から、メキシコとの国境に壁を建設すべきではないと考える。
 

↑このページのトップヘ